新潟県旅行

新潟県旅行なら温泉は

新潟県旅行なら温泉ははずせないですよね。越後湯沢温泉なら川端康成が小説雪国を書いた部屋まで見学ができるそうですね。新潟県旅行をしたら普段の疲れをとるのにうってつけの場所があります。そう寒い地方ならではの温泉です。温泉でも越後湯沢温泉にいってみたいです。ちなみに川端康成さんは小説雪国を執筆するのにあの冒頭の数行をだすのに数百回推敲したそうです。越後湯沢温泉の始まりは年代が確かではないのですが、1076年、承保三年にはもう温泉があったとされているようです。現在の湯沢温泉は毎分270リットル、温度71度を噴出していて、昭和6年に採掘開始で翌年の7年に現在の噴出量になったそうです。温泉があるので家族旅行や、社員旅行でもツアーでも素敵ですね。越後湯沢温泉を全国的に有名にしてのが雪国です。越後湯沢温泉にはその川端康成さんが雪国を執筆した部屋が残っていて減殺も見学することができます。冬休みなら旅行で昼間スキー、スノーボードをして夜にたぷり温泉につかるなんて贅沢な旅行が満喫できそうです。